1216230

日誌

Ricen-Blog >> 記事詳細

2015/09/09

高校基礎講座(秋期)を行いました!

| by 田中@理セン

 9月2日(水)に,理センで高等学校理科教育研修(物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎、秋期)を実施しました。その様子の一部を写真を交えながら紹介します!


 物理基礎では,「モンキーハンティング」という2物体を衝突させる実験を通して,物体の運動を分析的に考え,放物運動を理解する活動を行いました。また、「簡易沸騰器」では,綿ロープで真鍮パイプをこすることによって仕事が熱エネルギーに変換することを体感しながら探究しました。

 


 化学基礎では,「テルミット反応」を行いました。小さな規模で立ち上がる炎を見て,受講者からは学校でもできそうだという感想がありました。また,「セルプレートを用いた中和滴定」では,マイクロスケールで強酸と弱酸による滴定曲線の違いについて考えました。
 

 

 生物基礎では,「だ液染色体の観察」について,メチルグリーン・ピロニン染色液を使ってDNAとRNAの染め分けを行い,遺伝子からRNAが転写されることについて考察する活動を行いました。また,「ブタの腎臓の解剖と糸球体の観察」では,腎臓の中でどのような経路をたどって尿が生成されるのかを考え,糸球体の役割について調べたりしました。
 

 

 地学基礎では,「アルミワイヤーを用いた天球モデル」を作製し,内惑星の位置と見え方の関係を調べる活動を行いました。また,「液状化現象と地盤の構成物とのかかわりを調べる」実習では,砂と水を用いた液状化のモデル実験を通して,液状化現象が発生するメカニズムと条件を調べました。
 

 

 受講者からは,「自分で行っていた実験の細部やコツなどを学ぶことができ,今後の指導につながる」といった感想がありました。
 多くのご参加,誠にありがとうございました。またのお越しをお待ちしています!


16:20