データベースが作成されていないか、作成されたデータベースが非公開扱いになっています。
 
豊平川の河床勾配を調べる(授業アイディア)

札幌市立幌東中学校 高橋伸充教諭

 札幌の中心部を流れる豊平川。札幌の地形が現在のようになったのは豊平川の力が大きく、札幌市中心部の扇状地、段丘、札幌市北部の平野部湿地帯と深い関わりを持っている。
 下の表1とグラフ(図29)は豊平川の上流からの距離と標高との関係をまとめたものである。白井川が豊平川と合流する地点を最上流(0㎞)として、5万分の一地形図の等高線から川の高さを読み取ったものである。グラフからも上流から13〜14km地点で傾斜が緩やかになっていることがわかる。ここは石山大橋から藻南公園付近で、このあたりが札幌扇状地のはじまりと考えることができる。

図29

表1 豊平川距離と標高の関係
 
オンラインユーザー15人
3079043

Since1963

利用規約Ricen-Blogハンズオン教材初等サイエンスの家(公開版)
物理の部屋化学の部屋生物の部屋地学の部屋小・中学校の部屋
研修講座その他の事業情報・資料アクセス検索動画コンテンツシェアリング注意喚起物理領域の教材・教具一覧化学領域の教材・教具一覧生物領域の教材・教具一覧地学領域の教材・教具一覧教材・教具指導資料【小・物】指導資料【小・化】指導資料【小・生】指導資料【小・地】指導資料【中・物】指導資料【中・化】指導資料【中・生】指導資料【中・地】調査R2所員の講師等実績所員の講師等実績小学校理科支援事業R2所員の研究・執筆実績ハンズオン教材領域別海洋教育副読本