研 究 紀 要 第 6 号
平成6年3月発行
発刊に当たって

<環境教育プロジェクト>
環境教育講座<自然と人間生活>の概要

<物理>
平成5年度受講者の高校理科履修科目と専門科目
北海道高文連理科研究発表会の現状と課題
遊園地等の物理的領域での活用

<化学>
LTC1098を用いた差動入力計測の方法
高校化学におけるコンピュータの活用
小学校理科の内容と構造-「B 物質とエネルギー」区分での一考察-

<生物>
フタホシコオロギの発音器官と鳴き声
北海道の蛾相概観

<地学>
冬季における天気の変化の特徴とその教材化
身近な天体の教材化について-太陽系の仲間のトピックスを使った観察例-
岩脈の観察によって読みとれる情報
珪藻を中心とした微化石の観察

<初等理科>
小学校理科における植物教材について

<平成4年度長期研修員報告>
電流の働き「電磁石」の検討
児童一人一人の見方、考え方を大切にした「溶解」教材の検討
環境教育的視点に立った小学校理科(A区分)の進め方についての検討
自然とのふれあいを大切にした「流れる水の働き」教材の検討
パソコンを計測「機器として使用する方法の検討-音教材での活用をめざして-
「酸・アルカリ・塩」を効果的に学習させる方法の検討-自作簡易pH標示装置を中心として-
光合成・呼吸の実験・観察法とその工夫
乙部町の地域素材の教材化
「化学変化とイオン」における実験教材の検討

<平成5年度長期研修員報告>
「植物体内の水の行方」における教材の開発
燃焼に必要な酸素の量における「燃焼」教材の検討-身近な素材(脱酸素剤)を利用して-
「物の性質と光・音」における「音」教材の検討
「気温と天気」教材の検討
循環・呼吸系の理解を深める観察・実験
中標津地域周辺の地形・地質の教材化
札幌市厚別地区の地形・地質の教材化
新しい学力観に立った課題研究的な学習の展開-化学領域における教材の検討-
 

キャビネット

 フォルダ
名前
サイズ
作成者
作成日