データベースが作成されていないか、作成されたデータベースが非公開扱いになっています。
 

系統とその説明

(染色体番号)-(遺伝子座位)
No. 系  統 
概     要
1







Oregon-R







野生型
2





y w m f







y(yellow) 1-0.0:黄体色(体色や翅脈が黄色)。剛毛・体毛は黄褐色。
w(white) 1-1.5:白色眼。(白眼でよい)
m(miniature) 1-36.1:翅の長さが腹部末端まで短くなっている。
f(forked) 1-56.7:剛毛がやや太く、短く、屈曲している。
  • いずれも1番染色体(X染色体)上の遺伝子であるため、伴性遺伝の実験に利用できる。
  • 弱いので、イーストを少し多めにしたり、飼育ビン2本ずつ系統を維持したりするとよい。
3






y w








  • 高校生の生徒実験として、伴性遺伝及び組換え価の実験に利用できる。生徒実験では組換え価はおよそ0.4~1.0である。
4







B


B(Bar) 1-57.0:棒状眼。X染色体の一部の重複によって、複眼(小眼数約740)が縦に幅狭く棒状(小眼数約90)になる(雌はB/Bで小眼数約780から約70に減少)。実験・観察中、生徒は細眼と呼ぶことが多い。
  • 優性遺伝子であり、伴性遺伝にも利用できる。
  • B/Bの系統が、不等乗換えを起こして、一層細い眼のBB(double-Bar)と 正常型+/+が生まれることがあるので、時々、確認する必要がある。また、 そのような時は、Bの個体だけを取り出して系統維持を行う必要がある。
5







vg e







vg(vestigial) 2-67.0:痕跡翅。翅が痕跡的で体軸に直角になっている。29℃で飼育すると、翅はひろがり野生型に近付く。
e(ebony) 3-70.7:暗黒体色。光沢のある黒色。b(black)よりも黒い。
  • 二遺伝子雑種の実験に利用できる。(生徒実験では約2800個体のFの分離比が、++:+e:vg+:vge=11:3.3:3.0:1)
6







cn e


cn(cinnabar) 2-57.5:辰砂色眼(複眼が明赤色)。
e(ebony) 3-70.7:暗黒体色
  • 二遺伝子雑種の実験に利用できる。(生徒実験では約2,200個体のFの分離比は、+ +:+ e:cn +:cn e =9.3:3.6:2.5:1)
  • cnを一遺伝子雑種として生徒実験で交配したときのFの分離比は3.2(1770):1(555)
7






e


e(ebony) 3-70.7:暗黒体色、野生型と見分けがつきにくい時は、翅脈を比べ、黒がはっきり見える個体がeです。
  • 中学校の一遺伝子雑種に利用できる。(生徒実験では、約7000個体のF2の分離比は2.92:1)
8







se


se(sepia) 3-26.0:セピア色眼(実験・観察中の生徒は黒眼と呼ぶ)。羽化後の加齢に伴い暗褐色化
  • 中学校の一遺伝子雑種の実験に利用できる。(生徒実験では、約2000個体のF2の分離比は3.22:1)
 ※ 1、2、3、4、5、7の系統は、首都大学東京より分譲いただいた系統 又は それをもとに作成した系統です。
 
オンラインユーザー12人
3079111

Since1963

利用規約Ricen-Blogハンズオン教材初等サイエンスの家(公開版)
物理の部屋化学の部屋生物の部屋地学の部屋小・中学校の部屋
研修講座その他の事業情報・資料アクセス検索動画コンテンツシェアリング注意喚起物理領域の教材・教具一覧化学領域の教材・教具一覧生物領域の教材・教具一覧地学領域の教材・教具一覧教材・教具指導資料【小・物】指導資料【小・化】指導資料【小・生】指導資料【小・地】指導資料【中・物】指導資料【中・化】指導資料【中・生】指導資料【中・地】調査R2所員の講師等実績所員の講師等実績小学校理科支援事業R2所員の研究・執筆実績ハンズオン教材領域別海洋教育副読本