デジタルコンテンツ

 
FFT_Analyzer(Ver.1.1)
「FFT_Analyzer(Ver.1.1)」は,高木伸雄先生(札幌北高等学校定時制)が開発したソフトウェアです。 このソフトウェアは様々な音をマイクロフォンからPCへ入力することによって、周波数の分布をリアルタイムに表示することができるようにしたものです。さらに、表示したグラフを瞬時に画像としてPCに保存することができます。起動するとキーボードが表示され、どのボタン操作が説明されるという親切設計で、すぐに使えます。PCといくつかの実験装置を組み合わせることで,分かりやすい演示実験等を行うことができます。
 「FFT_Analyzer(Ver.1.1)」を使った実験例は,「授業案・授業ネタ」に掲載しています。

 
 連続可変低周波発振器Ver.1.2
「連続可変低周波発振器Ver.1.2」は,高木伸雄先生(札幌北高等学校定時制)が開発したソフトウェアです。 このソフトウェアは低周波発振器の機能を簡便にコンピュータ(PC)で行うことができるようにしたもので,シンプルなレイアウトになっており,すぐに使えます。PCといくつかの実験装置を組み合わせることで,分かりやすい演示実験等を行うことができます。
 「連続可変低周波発信器Ver.1.2」を使った実験例は,「授業案・授業ネタ」に掲載しています。

 

■画像解析ソフト「どう見る君」

コンテンツ
内容
形式
対象
備考
mpegやaviの動画データから,物体の運動の軌跡をストロボ写真のように表示する動画を作製できるソフトウェア。 DirectX8.0以上のランタイムライブラリが必要。

Win2000&XP対応版
zip(251K)

中・高 
Win98,Me版
zip(251K)
マニュアル
pdf(1085K)

mpegやaviの動画データから,物体の運動の軌跡をストロボ写真のように表示する動画を作製できるソフトウェア。合成した動画をフルスクリーンで表示するプレゼンテーション用。
DirectX8.0以上のランタイムライブラリが必要。

Win98,Me,2000,XP対応版
zip(251K)
中・高 
マニュアル
pdf(344K)
任意の範囲を切り取ってストロボ加工したり,線画の書き込みが可能な全機能版。Win98,Me,2000,XP対応版
zip(255K)
中・高 
マニュアル
pdf(2841K)

 「どう見る君」は,大久保政俊氏が開発したソフトウェアです。mpegやaviの動画データから,物体の運動の軌跡をストロボ写真のように表示する動画を作製できます。

 

音声解析ソフト「音オシロ」

コンテンツ
内容
形式
対象
備考
コンピュータのマイクから音を取り込み,フルスクリーンでリアルタイムの波形を表示したり,倍音分解したりできるソフトウェア
(1ch用)

Win98,Me,2000,XP対応版
zip(326K)
マニュアル(各版共通)
pdf(321K)

中・高 


(2ch用)

Win98,Me,2000,XP対応版
zip(307K)
中・高 

(2ch・リサージュ図形専用)
Win98,Me,2000,XP対応版
zip(307K)
中・高 

 「音オシロ」は,大久保政俊氏が開発したソフトウェアです。コンピュータのマイクから音を取り込み,フルスクリーンでリアルタイムの波形を表示したり,倍音分解したりできます。