日誌

Ricen-Blog >> 記事詳細

2015/01/15

中学校理科研修講座(授業づくり、エネルギー・地球)

| by 柳本@理セン

変遅くなりましたが,理科教育センターより,新春のご挨拶を申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて,1月6日~8日に「中学校理科研修講座(授業づくり,エネルギー・地球)」,1月7日~9日に「小学校理科研修講座(授業づくり、冬季)を当センターで実施しました。

地学の実習では,受講者の皆さんがモデル実験で様々な地形を見事に再現したので紹介します。
 
 まずは,堆積実験装置「ち・そうなんです」で地層をつくりました。ここまで見事な縞模様になることは珍しく,講座担当者も驚きました。


 次に,溶岩の粘性によって火山の形が変わることを調べる実験です。通常,1回の噴火で成層火山を作ることは難しいのですが,小麦粉と水の量を工夫して再現していました。


 最後は,断層のモデル実験です。ココアと小麦粉で見事な逆断層を作りました。別のグループでは,褶曲も再現していました。


 今回で今年度の研修講座が全て終了いたしました。研修の成果をもとに,子どもたちが目を輝かせる授業を実践していただければ幸いです。
 また,講座の中で紹介した教材や学習プログラムについて,先生方からたくさんのご意見・ご感想をいただきましたことを感謝申し上げます。次年度の研修講座に向けての貴重な資料として活用させていただきます。
 
新年度,当理科教育センターの研修講座への参加を心からお待ちしております。
10:00
1206474