1215794

日誌

Ricen-Blog >> 記事詳細

2016/02/22

「研究紀要(第28号)」執筆中!

| by 田中@理セン

 「理セン職員はいつも何をしているの?」と、よく先生方から聞かれるのですが、理センの業務には、主に次の4つがあります。
---------------------------------------------------------
①「理科教育にかかわる教員研修事業」
②「調査研究・情報発信事業」
③「児童生徒を対象とした振興事業」
④「理科教育に関する各種事業への取組」
---------------------------------------------------------
 ブログでは、①の教員研修事業や③の振興事業をお伝えすることが多いのですが、今回は、②の「調査研究・情報発信事業」の中から、「研究紀要」の紹介をさせていただきます。


 

 「当理科教育センターが行った理科教育に関する調査研究、その他事業の成果を広め、本道理科教育の向上に資する」
ことを目的として、理センでは、毎年1回、年度末に研究紀要を作成し、発行しています。(実はこれも歴史があって、掘り下げると興味深いのですが、それはひとまずおいといて…)今年3月の発行が第28号となります。

 研究紀要の内容は、主に次のようなものがあります。
---------------------------------------------------------------------------------------
(1)各分掌(領域や校種等)の調査研究及び視察調査研究
(2)外部との連携に関する調査研究
(3)観察・実験の手法や教材等の開発、改良に関する調査研究
(4)研修講座の指導実践に関する調査研究
(5)フリープラン研修等の研修成果
---------------------------------------------------------------------------------------
 以上のように内容は多岐に渡っており、私たちや私たちと連携して調査研究して頂いた方々が、これまでに取り組んできたテーマを研究成果としてまとめます。その成果物は、次年度からの研修講座等の参考資料にもなり、多くの先生方に還元されます。

 完成後には、全道・全国の各教育研究所・センター等に配付されます。また、理センの研修講座を受講していただいた先生方にも配付しております。

 これまで、理センの研修講座に参加できなかったけれども、過去にどんなものがあったのか興味が出てきたという方は、安心して下さい! 理センWebページに、バックナンバーを掲載しておりますので、どうぞご覧になり、ご活用いただきたいと思います。

 今年の研究紀要(第28号)の編集も佳境に入ってきました。こちらも完成しましたら、Web等で紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします。


08:42