1210221

日誌

Ricen-Blog >> 記事詳細

2016/01/21

特別研修講座(染色体の観察)~今年度の講座が終了!~

| by 田中@理セン

 1月8日(金)、理センで理科特別研修講座(冬期)が行われ、道内各地から小中高特別支援学校の先生方17名が参加しました。

 「動物の染色体の観察と同定―核型から見える種の多様性―」と題し、北海道大学大学院理学研究院准教授、黒岩麻里先生を講師に迎え実施しました。




 実習では、実際に染色体標本をつくり、マウスとラットの核型(生物種に固有な、染色体の数および形態)の違いを確認しました。また、ヒトの核型の同定法を学び、同定しました。さらに、多くの脊椎動物の染色体を観察し、染色体の数、形、長さは種によって様々であることを確認し、生物の多様性について学びました。





 各校種の先生方から次のような感想を寄せていただきました。

(小学校の先生)
「あまり理科の専門的な知識がないのですが、とても話がわかりやすく、本当に興味深い内容で、『面白い』と思える有意義な一日になりました。」

(中学校の先生)
「自分でプレパラートを作って観察できて面白かったです。核型に違いがあるのは不思議だと感じました。」

(高校の先生)
「プリントも理解しやすく、説明もわかりやすかったです。授業内容とも直結していて、ためになりました。3時間があっという間に過ぎました。」

(特別支援学校の先生)
「とても興味深い内容でした。わかりやすく子どもたちに伝えるキーワードがいくつかありました。」

 また、その他多くの先生方から、今回のような研修講座を継続してもらいたいという声を頂きました。参加していただいた先生方、誠にありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 今回の理科特別研修講座をもちまして、今年度の研修講座が全て終了いたしました。日頃より道研ならびに理セン事業の推進にご理解、ご協力をいただきました学校をはじめ、関係機関の皆様に深くお礼を申し上げます。

 現在、理センでは新年度に向けて研修講座等の準備を進めています。先生方からいただいた貴重なご意見や、理センの研究成果を反映させ、事業内容の一層の充実に努めて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 新年度の各種事業の日程や内容など、詳しくは、4月に道立教育研究所から各学校に配付される「事業案内」や4月に更新される理センWebページをご覧ください。


09:56