日誌

Ricen-Blog >> 記事詳細

2014/07/28

「中学生の科学実験教室(夏季)」

| by 理セン管理者

 7月26日(土)北海道立教育研究所にて「中学生の科学実験教室」が実施され、道内の中学生24名が参加しました。中には、中学1年生の時から3年間続けて参加してきた生徒もいて、毎回違う観察・実験内容を楽しみにしてきたようです。

 地学領域では、「デジタル四次元地球儀で調べる地球の不思議」と題して、「ダジック・アース」という地球のデジタル立体表示ソフトを通して、地球を取り巻く大気の流れや台風が誕生する場所を考えました。また、高気圧や低気圧の周りに吹く風を実験で確かめました。最後に、発泡スチロール球でミニ地球儀を制作しました。参加者は、普段学習していることを観察や実験によって確かめることができ、「そうなんだ~」と納得している様子でした。











  生物領域では、「DNAを調べてみよう」という題で、実験を通してDNAを抽出し、電気泳動法を用いて、バンドを観察しました。ブロッコリー、レバー、白子のDNAの抽出では、塩化ナトリウムや家庭用洗剤を用いて、細胞膜やたんぱく質を取り除き、白い綿のように浮かび上がるDNAを観察しました。見えた瞬間、「おーっ」という感嘆の声が聞こえてきました。その後、DNAの二重螺旋構造について、ストラップを製作しながら確認していました。






















 


15:43
1202571