このページを閉じる

   秋になると、なぜ樹木の葉が赤や黄色に変わるの?


   秋になって寒くなってくると、山や公園などにある樹木の葉が赤色や黄色に変わっていきます。どうして色が変わっていくのですか。  

 樹木の葉が赤色や黄色に変わることを「紅葉(こうよう)」といいます。特に葉が赤く変わることを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わることを「黄葉(こうよう)」という場合もあります。

 これは、樹木が来年も元気に生きていけるよう、厳しい冬を乗り越えるために考え出した「冬を迎えるための準備」なのです。

 葉の中にある緑色の色素が分解してなくなると、もともとあった黄色の色素が目立って、葉が黄色くなります。同時に、赤色の色素が作られると葉が赤く変わっていきます。

 紅葉は、気温が低くなると始まります。
昼間の温度と夜の温度の差が大きいほど、また昼間に天気がよい日がつづくと、きれいに紅葉します。