電波の発生

準備するもの

      圧電着火装置,ネオンランプ,アルミニウムはく,
     クリップ付導線,針金,ライター,工作用紙,はさみ,
     ペンチ
作り方

   1 工作用紙を10cm×30cmに切り取ったものを2つ用意し
    ます。
   
   2 方法1の工作用紙を3つ折りにして、三角柱をつくり、セロ
    ハンテープで固定します。

   3 三角柱の一つの側面にアルミニウムはくをのりで貼ります。 

 
方法1 方法2 方法3

   4 方法3のアルミニウムはくの上に4cm程度の針金がアルミニウムはくから2cm程度はみ出すようにしてセロ    ハンテープで固定します。
   
   5 ネオン管の両側に15cm程度の長さのはりがねをセロハンテープで固定します。

   6 ライターを分解し圧電素子を取り出します。

方法4 方法5 方法6

   7 圧電素子と三角柱のアルミニウムはくをクリップ付導線でつなぎます。(図および写真)

   8 それぞれの三角柱のアルミニウムはくにつけた針金どうしを3mm程度の隙間が空くようにして、三角柱を2つ並    べます。

   9 方法5のネオン管を針金の間に2cmまで近づけて圧電素子を押して電圧を生じさせます。

  10 ネオン管が点灯する様子を観察します。

   

 考えてみよう

 
1 電磁波の伝わる仕組みについて調べて考えてみよう。

  2 電磁波が発見されてた時代背景について考えてみよう。
              


 
 
つくってみたら、感想をおしえてね!
 ricen-syoto@hokkaido-c.ed.jp